【WordPress】ユーザー権限の種類は何がある?

こんにちは!CODE CLUB965のKです!

今回はWordPressを使う上で理解しておきたいユーザーの権限の種類について説明します。

ユーザーになんで種類があるの?必要なの?と思う方もいるかもしれないので簡単に説明します。

当たり前の話ですが、1人でサイトを全て管理するならユーザーの役割を分ける必要はありません。笑

例えば、記事を書く担当の人、サイトのデザインを担当する人など..役割を分けてサイトを運営する場合に、本来記事を作成しないメンバーや、デザインはノータッチのメンバーも同じようにいじれる権限があったら、勝手に記事が消されていたり、デザインが変わっていたりと思わぬ事故が起きるかもしれません。

そのためにWordPressでは管理ユーザーの役割に応じて権限を設定できます。

今回はデフォルトで準備されているユーザー権限の種類を理解してWordPressをより上手に使えるようになりましょう!

権限の種類

権限には5種類あります。

権限の名前英語表記説明
管理者Administrator全ての権限をもつユーザー
編集者Editorコメントやリンクの管理などコンテンツに関する操作が可能。(テーマの変更・編集やプラグインの設定などはできませんが、記事やページの作成などは可能です。)
投稿者Author記事の投稿、編集、公開のみ可能。
他のユーザーが作成した記事は編集できません。
寄稿者Contributor記事の下書き(レビュー待ち)と編集のみ可能。
記事の公開は管理者か編集画が行います。
購読者Subscriber閲覧のみ可能。
会員制のサイトを作成する場合などに、会員となるユーザーを購読者にしたりします。

複数人でサイトを運営する場合は上手に権限を使い分けましょう。

全員管理者になるみたいなことはほとんど無いと思いますが…笑

私が受けた案件とかを参考にして例を出すと、

・全体を管理する「管理者」を一人設定
・記事を作成する「寄稿者(公開はできない)」を一人設定する
・記事を確認して公開する「編集者」を一人設定(投稿者でも可)
・購読者はサイトにユーザー登録したユーザー(ログインしたら記事が見れる)

このような感じでユーザー権限を使い分けると役割が分かりやすくなり、思わぬ事故も防げます。
また、仮に人による問題が起きても原因の特定がしやすくなると思います。

最後に

WordPressで設定できるユーザー権限5種類を紹介しました。

1人で全部管理する場合は気にしなくてもいいですが、複数人で運営するサイトの場合は上記で説明したユーザー権限を上手く使い分けましょう!

プラグインによって権限を追加したり、逆に権限をなくしたりとカスタマイズすることも可能ですので必要に応じて行ってください!

それでは、また!