【WordPress】メディアライブラリゴミ箱の有効化設定方法

こんにちは!

CODE CLUB965のNです。

WordPressのメディアライブラリにはゴミ箱がないの?

メディアライブラリでは、画像を削除する場合、「完全に削除する」という選択しか出てきません。

投稿や固定ページの記事は、一旦ゴミ箱に移動してから完全に削除することができます。

ゴミ箱内にある記事は、復元も可能。

今回の記事では、記事を扱う時と同様に、メディアライブラリもゴミ箱を使える方法について、ご紹介します。

WordPressのメディアライブラリでゴミ箱を設定する

最初にお伝えすると、プラグインで対処することも可能です。

しかし、自分で作業をする方法から学んでおきましょう。

FTPを使う方法

まず、FTPを介してWebサーバーに接続をします。

WordPressインストールフォルダ内にあるwp-config.phpを開きます。

下記のコードを追加します。

define( ”MEDIA_TRASH ” , true );

保存をしたら、終了です。

【確認方法】

メディアファイルにある画像をクリック。

添付の詳細ウィンドウを確認。

メディアファイルの詳細情報の右下に、ゴミ箱に移動するが出現します。

削除したファイルを復元する方法は、記事と同様です。

プラグインによる方法

Media Trash Buttonというプラグインもあります。

こちらは、多くのメディアファイルを一括削除や復元も可能なので便利です。

しかし、PHPのバージョンやテーマとの相性もありますので、鵜呑みにしない方が良いでしょう。

WordPressのカスタマイズ方法を学びたい方へ

一つひとつの細かい方法をネットで検索しながら作業も可能です。

しかし、この方法では、紹介されている方法しかわかりません。

厄介なのは、もしその方法でエラーになった時の対処法がわからなくなってしまった場合です。

WordPressに多い悩み

  • 真っ白な画面になってしまった。
  • エラー画面しか出てこない

などちょっとした操作をしていて、不具合が発生することがあります。

自分でワードプレスのサイトを作れるようになりたい!

こんな希望があれば、CODE CLUB965にご相談ください。

あなたの作りたい内容をよりシンプルに仕上げる方法を現役のプログラマが個別カリキュラムで指導します。

個別ですので、あらかじめ決まった内容ではありません。

あなたの知りたい、やりたいことを軸に最適なメニューを考えましょう。

初回の無料相談も可能です。

お気軽にご連絡ください。