サイトをリニューアルするとSEOも下がる?

こんにちは!

CODE CLUB965のNです!

今回は、サイトのリニューアルとSEOの注意点について、お伝えしていきます。

  • デザインが古くなった
  • 使いにくい(UI/UXの改善)
  • コンテンツがバラバラになっている(コンテンツやカテゴリの整理)

など、それぞれ目的は異なります。

実際にリニューアルをしたらどうなるのか?

この点について、よくある失敗原因と対策法をご紹介しています。

リニューアル後にアクセスが下がる原因

311326_640

Webサイトのリニューアルをしたのになぜ?

テキストもSEO対策に強いという業者に委託したのにどうして?

まずは、確認しておくべきポイントをご紹介します。

サイトURLごと変更した場合

以前のURLを更新せず、新しいURLで作成するというケースもあります。

この場合、過去に存在したページURLからリダイレクトをする必要があります。

リダイレクトとは、ウェブサイトの閲覧において、指定したウェブページから自動的に別のウェブページに転送されること。

簡単にいえば、転送電話のウェブサービス版です。

以前のページがそのまま残っているということは、新規に電話番号を取得して、転送していない状態になっています。

これでは、いつまで経っても新しい電話番号に着信はありません。

さらに、Webサイトになりますと、情報が重複する可能性もあります。

同じページ内容を別のURLにコピーしたのに、元のページを削除もリダイレクトもしていない状態は、重複コンテンツ扱いの対象になります。

つまり、古くなったページの処理が不十分なため、順位が下がった可能性があります。

リダイレクトの注意点

リダイレクトは、URLが同じ場合も注意すべき点があります。

例えば、自分でSEO対策をするつもりで、WordPressサイトを用意した後に外部の業者に依頼をしたというケース。

この時、過去のパーマリンクが日本語のドメインになっていたため、英数字表記のURLに記述を変更する。

といったこともあります。

では、古いページURLから新しいページURLへ転送をしなければいけません。

この確認が漏れている場合があります。

リダイレクト漏れを防ぐ方法

-2434393_640

リニューアル前と新しいサイトのURLを必ず照らし合わせるようにしましょう。

しかし、すべてを手作業で確認するのは大変です。

そこで、無料のツールをご紹介します。

WebSite Explorer

この会社が提供する「Screaming Frog SEO Spider」というサービスがあります。

こちらは、ダウンロードして使用するツールとなります。

何ができるのか?

  • Webサイトクローラーとして利用可能です
  • 500個までURLを無料でダウンロードして、クロールさせることが可能です。
  • 壊れたリンクを発見することも可能です
  • 一時的及び永続的なリダイレクトを発見することができます。
  • ページタイトルとメタデータを確認することができます
  • 重複するコンテンツを発見することも可能です
  • romots.txtによって、canonicalsなどによって、ブロックされたURLを表示してくれます
  • XMLサイトマップをすばやく作成してくれます
  • Google Analytics,Google Search Console、PageSpeed Insight APIに接続し、すべてのURLのユーザーデータ、パフォーマンスデータを取得できます

ホームページリニューアルが必要?

24099077_s-1

リダイレクトのリスク等を考えたら、あえて何もしない方が良いのかもしれない。

今のままのページで、修正をする方法はないのかな?

こんな疑問がございましたら、お気軽に弊社にご相談ください。

リニューアル後の運用管理方法も含めてご提案

CODE CLUB965では、法人様向けにSEO対策内製化に向けたコンサルティングも行っております。

個人のスキルがない

HTML,CSSの知識がない

このような状況でお困りでしたら、まずは社員の育成に力をいれておくことも重要です。

リニューアルが必要となった際にも、将来的には、社内で運用管理ができる環境ができれば、毎月の外注費が削減できます。

個別指導で受講内容もカスタマイズ自由です。

スキルがない方でも安心して学びたいことを学べますので、お気軽にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です