【PHP】explode関数の使い方

こんにちは!CODE CLUB965のKです!

今回は前回の記事で紹介したimplode関数とは反対の動きをする「explode関数」について紹介します。

implode関数を前回紹介したので、ついでにexplode関数についても紹介しておいた方がいいかと思い記事にしました(^^)

explode関数とは?

explode関数は、対象となる文字列を指定した文字列(区切り文字など)で分割するための関数です。

分かりやすい例えだと、日付で「2020/11/25」という文字列を取得して「月」だけ取得したいと考えます。

その場合、explode関数を使って「/」を指定することで、「2020」「11」「25」の3つの要素に分割することができます。

分割された値は配列となって返ってくるので、あとは月の要素を指定すれば取得できます。

基本的にはこんな感じで使います。

explode関数の基本

explode関数の基本形をみてみましょう。

explode( 区切り文字 , 対象文字列 ,最大要素数 )

第一引数に対象文字列を分割する区切り文字(カンマやスペースなど)を指定します。

第二引数に分割する文字列を指定します。

第三引数には返り値となる配列の要素の最大数を指定します。
ここの引数は省略可能です。

例1:基本的な使い方

<?php
  $arrayToday = explode ("/","2020/11/25");

  // 結果の出力
  print_r($arrayToday);
?>

実行結果

Array
(
  [0] => 2020
  [1] => 11
  [2] => 25
)

 

例2:最大要素数を指定

<?php
  $test = explode(",", "test1/test2/test3/test4",3);
 
  // 結果を出力
  print_r($test);
?>

実行結果:

Array
(
  [0] => test1
  [1] => test2
  [2] => test3/test4
)

返り値の配列である最大要素数を「3」に指定しているため「test2」までは指定した区切り文字であるカンマで分割されています。

そして、それ以降は要素数を3以上増やすことができないので全て最後の要素に突っ込まれます。

最後に

前回に続きPHPで使う関数について紹介しました。

explode関数もimplode関数と同じく使う機会はあると思います。
例えばcsvファイルのデータを取得して、その1行1行のデータを配列に変換する場合などですかね…

その辺の具体的な方法については、またどこかで記事にまとめたいと思います!

それでは、また!

 
質問や感想がある方は、TwitterのDM、リプ欄にコメントください!
その他CODE CLUB965のことで気になことがあれば無料で面談できますので、お気軽にお問い合わせください!