【WordPress】SESサービスを利用したWP Mail SMTPの設定方法

こんにちは!CODE CLUB965のKです!

今回は、メールを送信する方法としてプラグインの「WP Mail SMTP」とAWSのSESサービスを使ったメール機能の実装方法について解説しようと思います。

準備しておくこと

諸々の設定を始める前に以下については準備しておいて下さい。

・WordPress環境に、「WP Mail SMTP」プラグインがインストールされていること(有効化しておく)
・AWSアカウントおよびIAMユーザー(IAMを作成する権限が付いている)が作成されていること

まずはSES側を設定する

初めにSES側の設定を行いましょう。
SESはあらかじめ登録した宛先にのみメールを送信することができます。
そのため事前にメールアドレスの検証を行う必要があります。

まずはAWSにログインし、SESのコンソールを開きます。(リージョンは任意で)
メールアドレスを検証するには、コンソールサイドメニューの「Email Addresses」 → 「Verify a New Email Address」を押して下さい。

メールアドレスを入力するダイアログが表示されるので入力して「Verify This Email Address」を押します。

検証するメールアドレス宛に確認メールが送られるので、メールに記載されているURLをクリックします。

問題なければ、SESのコンソールに表示されているメールアドレスのステータスが「verified」になります。

メールアドレスの検証は以上で完了です。

SMTP 認証情報を取得する

メールアドレスの検証が完了したら次にSMTP認証情報を取得します。

これは、SESを使ってメールを送信するため、SMTPにアクセスするための認証情報となります。

コンソールサイドメニューの「SMTP Settings」から、「Create My SMTP Credentials」をクリックします。
ここの画面で出てくる「Sever Name」や「Port」番号は後々必要な情報になります。

SMTPの認証を利用するためのユーザーの名前を入力する画面が表示されるので入力します。
ちなみにデフォルト値でも問題ありません。

入力したら「作成」ボタンをクリックします。

作成ボタンをクリックすると次の画面でSMTPの認証で利用する時に必要な「ユーザー名」と「パスワード」が表示されますのでメモしておきます

これでSES側の設定は完了です。

WP Mail SMTPを設定する

次にWordPress側の設定になります。

インストールし有効化している「WP Mail SMTP」の設定画面を開きます。

まずはSESで検証したメールアドレスを「送信元メールアドレス」に入力します。
フォーム名は適当なものを入力して下さい。

次に「メーラー」を選択しますが、今回は「その他のSMTP」を選択します。

あとは、先程の手順で用意しているSMTP認証情報を入力していきます。
SMTPホスト名、暗号化(TLSを選択)、ポート番号、SMTPのユーザー名とパスワードを入力します。

入力が完了したら「設定を保存」をクリックして完了です!

確認はテストメールの機能を利用する

設定が完了したら、メールを送信できるかテストメールを送信して確認します。
SESで事前に検証したメールアドレスに対してテストメールを送信することができます。

テストメールが届けば無事に設定完了となります。

最後に

今回は、SESサービスを利用したWP Mail SMTPの設定方法について解説しました。

コストをかけずにメール機能を実装できるのでいいですね!

ぜひメール機能を実装する際は参考にして下さい。

それでは、また!

 
質問や感想がある方は、TwitterのDM、リプ欄にコメントください!
その他CODE CLUB965のことで気になことがあれば無料で面談できますので、お気軽にお問い合わせください!