【PHP】配列をループさせるforeachの使い方

こんにちは!CODE CLUB965のKです!

今回は、PHPで配列をループするときに使うforeachについて書きたいと思います。

配列には一次元配列と連組配列があるので、それぞれのケースについても書きたいと思います。

foreachの使い方

まずは基本的な使い方ですが、以下のように記述することで配列(一次元配列)をループさせることができます。

foreach (配列 as 要素) {
  繰り返したい処理;
}

たったこれだけです。

具体的なサンプルコードを見てみましょう!

サンプルコード

<?php
  $arr = ["A", "B", "C", "D"];
  foreach($arr as $val) {
    print($val);
    print("<br/>");
  }
?>

■実行結果

A
B
C
D

上記のサンプルコードを解説すると、配列arrの要素をforeachを使うことで、順番に変数valに代入しています。

foreach文の中では、変数valの値を出力する処理が書かれています。

連想配列の場合

配列が連想配列の場合はforeachの書き方も少し変わります。

以下のように記述することで連想配列をループさせることができます。

foreach (配列 as $key => 要素) {
  繰り返したい処理;
}

$keyは配列番号(配列のキー)を意味します。

こちらも具体的なコードを見た方が早いので見てみましょう!

サンプルコード

<?php
  $arr = [
          '名前' => '黒子太郎',
          '年齢' => '28歳',
          '性別' => '男性'
         ];

  foreach ($arr as $key => $val){
      echo $key. 'は、'. $val. 'です。<br/>';
  }
?>

■実行結果

名前は、黒子太郎です。
年齢は、28歳です。
性別は、男性です。

echoの後で記述している、ドット「. 」は文字列と変数を一緒書きたい場合に使います。

上記のように連想配列の場合は、一次元配列と違い$key(キー)を使うことを覚えておきましょう。

最後に

一次元配列と連想配列でのforeachの使い方については理解しておきましょう!

忘れてしまった時などの参考にしてもらえればと思います。

それでは、また!

 
質問や感想がある方は、TwitterのDM、リプ欄にコメントください!
その他CODE CLUB965のことで気になことがあれば無料で面談できますので、お気軽にお問い合わせください!