【SEO】ペナルティ対象となるスパム行為には何がある?

こんにちは!CODE CLUB965のKです!

SEOを実施するにあたり気をつけないといけないのがスパム行為です。
Googleではスパム行為が見つかると、そのサイトの運営者に対して手動で対策を行います。

これによりサイトの評価を下げられてしまいます。

なので間違ったSEOの手法を使わないように今回はいくつかスパム行為になってしまうものを紹介しようと思います。

ペナルティの対象となってしまうスパム行為

自動生成されたコンテンツ

これは、複数のサイトの記事を無断で組み合わせたコンテンツや、機械翻訳・機械的に作成されたコンテンツなどを指します。

リンクプログラム

これは現在でもみられるスパム行為です。
相互リンクなどが過剰だったりするようなSEO目的の不自然なリンクを指します。

隠しテキスト・リンク

割と古い手法ですが、白背景に白文字のキーワードを羅列したり、フォントサイズを0にしてキーワードを散りばめてキーワードを増やす手法です。

これもスパム行為とみなされます。

誘導ページ

例えば、ページの内容は同じだけど地名だけを変えて地域ごとにページを作成するような手法です。
各地域と業種を組み合わせてクエリで上位表示させる目的で行うようです。

キーワードの乱用

そのままですが、キーワードを繰り返し使ったりして不自然に乱用する手法です。

最後に

今回はペナルティ対象となるスパム行為についてまとめました。

もちろんこれ以外にもありますが、もっと詳しく知りたい方はGoogleのガイドラインで具体的な例を確認することができます。

今回の内容はスパム行為の最低限の知識として覚えておきましょう!

それでは、また!