マンダラチャートを使って目標達成の道筋を作る

89138_6

こんにちは!CODE CLUB965のKです!

今回は、目標設定・目標管理について書こうと思います。

みなさん、マンダラチャートはご存知でしょうか?
大谷翔平さんが使っていたことでも話題になったので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

今回は、マンダラチャートを使って目標達成の道筋を作る方法について書きます。

フレームワークを使うという考え方

みなさん、プログラミングの学習をされているのであれば、何かしらの目標があるのだと思います。

「アプリを開発して稼ぐ」
「システムエンジニアに転職をする」
「Web制作で副業をする」

様々な目標があると思います。
目標を立てたうえで、日々目標に向けて努力していると思います。

ところで、その目標達成までの道筋はどのように立てているでしょうか?

何かを参考にして道筋を立てましたか?
それともオリジナルの方法で立てたでしょうか?

オリジナルの方法で立てたのだとしたら、ぜひ何かしらのフレームワークを使って、道筋を立て直すことをオススメします。

なぜならば、オリジナルで考えた方法よりも、万人が利用して、方法が確立されているフレームワークを利用する方が、成功の可能性が高いからです。

フレームワークを使わずに取り組む非効率さというのは、プログラミングと同様です。

Laravelがあるのに、素のPHPでWebアプリケーションを開発しているような状況です。
一度Laravelでアプリ開発をしたことがある人からすれば、信じられないくらい非効率ですよね。

なので、何かに取り組む時には、先人の知恵や既存のフレームワークを何か利用することを考えるべきだと私は思っています。

今回は、目標達成の道筋を立てるための手段としてマンダラチャートを紹介します。

前置きが、かなり長くなりましたね…。
でも、重要なのはここまで書いてきた考え方だったりします。

マンダラチャートとは

マンダラチャートとは、3×3の9マスを利用して作成する、非常にシンプルなチャートです。

非常にシンプルであるが故に、とても利用がしやすいし、見直しもしやすいのです。

マンダラチャートを使って、具体的に目標達成の道筋を作ってみましょう。

まずは、達成したい目標を3×3のマスの中央に書きます。

スクリーンショット 2020-10-09 23.36.18

達成したい目標が書けたら、その周りに目標を達成するためにやるべきことを8つ書きます。

スクリーンショット 2020-10-09 23.43.02

書けたらその後は、その8つがそれぞれ、3×3のマスの中心になるようにチャートを広げます。

スクリーンショット 2020-10-09 23.47.03

勘の良い人はもうわかったかもしれません。

今度は、その8つそれぞれを達成するためにやるべきことを、周りに8つずつ書いていきます。

スクリーンショット 2020-10-09 23.49.55

このような形です。

マンダラチャートの作成はこれだけです。
これで、全体で9×9のマスを埋めることで、目標達成のためにやるべきこと、目標達成までの道筋を整理することができます。

「必ず8つ出す」というのがポイントだと思います。
8つって少し多いですよね。
「何かやるべきことは無いか」と普段以上に考えるようになります。
そうすると、意外と重要なことに気付けるものです。

最後に

書いたことがない人は、ぜひ一度書いてみて下さい!
今まで何となく目標に向かって努力していたのが、目標までの道が具体化されて、より努力がしやすくなると思います。
ぜひ、やってみて下さい!

それでは、また!